鹿児島のデリヘルで出会ってしまった美少女との実体験

ちょっと私が忘れられない少女との出会いを聞いてください。
私は某有名アイドルグループのファンなのですが、人気も低迷しライブをしてもホールでさえ埋まらないってとき、ここぞとばかり県外のチケットまでも取りライブツアーを楽しむことにハマっていました。
今でこそ再ブレークなんて言われていますが数年前まではチケットも余り放題、ほぼファンクラブ会員か県外の熱心なファンぐらいしか訪れずみんな顔見知り状態。県外のチケットをとり2日連続ライブ参戦なんてざら。
運よく休みがとれたときなんか観光も含め宿泊するってこともたびたびありました。
そして絶対に埋まることなんてないだろうと思わざる負えない鹿児島県でのライブが発表されました。(笑)何故今頃鹿児島?なんて思いましたが私には好都合。なんてったって隣りの県ですからね。
そして無事チケットもとれライブ当日。公演自体は午後の1回公演でしたが偶然の2連休を頂けたので宿泊決定。ビジネスホテルをとりライブ翌日は観光三昧を予定していました。
そして鹿児島に到着しライブを堪能。夜は鹿児島で働く友人との食事が待っていました。予約していた居酒屋に入りましたが飯が上手い!
黒豚の角煮に新鮮な刺身。焼ききびなご。美味しいご飯に酒もすすみほろ酔い状態。何件かはしごしホテルへ戻りました。
酒に強い私は購入したグッツを眺めながら酎ハイをゴクリ。余韻に浸っているうちに目がさえなかなか寝付くことが出来ませんでした。
そのとき自分でも何故かわかりませんが鹿児島のデリヘルで抜いてみようかな…と思ってしまったのです。一回思いだすと止まらない性格の私はさっそく風俗のデリヘル専門サイトで検索開始。
鹿児島のデリヘルなんて無経験。とりあえず鹿児島デリヘルで検索してみました。そこで見つけたのが鹿児島全土のデリヘル店を集めたサイト。
初めての私でも分かり易い内容だったんです。まずは主要地域でカテゴリー分けされたTOP画面。そして派遣可能なホテルがかなり見やすく掲載されていた点。
どこの店にしようか選んでいる最中は楽しくてワクワクするのですが、地域であったり利用できるホテルなのかどうか調べるのってだんだんテンションが下がってくるので若干ニガテなんですよね…
私にとっても合っているサイトだと思いました。
さらに大事なポイント!口コミ機能!これは利用する者にとっては重要ですよね!!五つ星形式なので参加しやすいというのもあり結構な人が評価していました。
その中でも評価が高く気になるデリヘル店を見つけ即電話。人気の女の子にちょうど空きがでるとのことだったので予約し身支度を始めました。
散らばったアイドルグッツを片付け酒臭いお口を歯磨き。するとあっという間に人気嬢がやってきました。
見た瞬間ドストライクと思いました。クリッとした目にパッツン前髪。すこし茶色気味のサラサラヘアに爪の先まで整った清潔感。細身の身体に不釣り合いな爆乳。これが人気デリヘル嬢か…と実感
こんな子がなんでデリヘル?なんて思うくらいの美少女デリヘル嬢でした。はじめましてと笑顔をであいさつされ部屋へ通すと突然の悲鳴。
「もしかして今日のライブいった?」と…「行ったよ!もしかして君も?」というと「私も大ファンなの!しかも同じ人推し…(笑)」推しTを指さし笑顔で私の顔を見ていました。
そうです、偶然にも彼女も某アイドルグループのファン。同じ人推しだったのです!!!
人気低迷のアイドルです…近くにはいないと思っていた同志に思わずテンションが上がってしまい、コースを選びお店のボーイさんに電話をすると速攻で今日のライブトーク!セトリやお気に入りの曲。推しのよかった所など想像以上に盛り上がってプレイさえも忘れてしまいました。
フッと気づくとコース時間の半分以上が過ぎており慌てる嬢。「ごめんなさい!!!私がお金払うから延長して!すっかり楽しくて盛り上がっちゃった!」と…
最初は抜く気まんまんの私でしたが、同志を分かった以上なんか若干気まずいな~なんて思ってしまいでもキスぐらいは…なんて考えていたら女の子は勝手に延長。
私の意見も聞かずニコニコ笑顔で「もう少しお話したいの…」なんてグッと迫られ不覚にもドキっとしてしまいました。
そして見つめ合いどちらかともなくキス…気づいたら押し倒し夢中で舌を絡めていました。苦しそうに負けじと薄く小さな舌を絡める姿、少しの隙間から漏れる甘い吐息…もう興奮MAXです。
するとグッと肩を押され離れる唇。「苦しいよ~」と真っ赤な顔をして甘えた声を出す彼女。「俺の勝ち~」とほっぺをつまむとも~!と抱きついてきました。
なんだかそれだけで満たされてしまった私。「これで十分だからもっとお話ししない?話が分かる女の子が初めてだから楽しくてしょうがないんだ」と告げるといいの?と不安そうに何度も聞いてきましたが納得してくれました。
延長時間もあっという間。まだまだ話していたかったけど予約が入っているからこれ以上はダメなんだ…と断られてしまいました。
時間も迫りドアの前に立つと彼女が振り返り突然。「いつまでいるの?また会えるかな?もう会えないかな?今までで一番楽しかった!こういう男の人ばっかりだったらいいのにな…幸せになれそう」と言いました。帰る時の決まり文句だったとしてもなんとも言えない悲しい表情に戸惑ってしまい何も返すことが出来ませんでした。
その時なんかあったの?とかどうした?と言えればよかったんです。
俺が鹿児島に来ない限り会えないかもねと言うとさらに悲しそうな表情でだよね…と一言。すると今度は屈託のない少女のような笑顔でまた会えたらいいね!ありがとうございました!と部屋を出ていきました。
本当にあの時少しでも引き留めていれば…こんな思いはしなくて済んだかもしれません。
楽しかったな~と思い出し笑いしながらも思い出すのはあの悲しそうな表情…翌日観光しながらも思い出してしまい、ホテルへ戻ると速攻であのデリヘルサイトを開き彼女が出勤しているか確認していました。
すると昨日はサイト上位にあった彼女の写真がないではありませんか…
どのページを見てもキャスト一覧を見ても。全くありません。夢でも見ていたのかと急に不安になりお店に電話をしてみると、昨日で辞めてしまったとのこと。
理由なんて教えてくれるわけありません。まじかよ…と感じた事のないような後悔に襲われながらベットに倒れ込みました。
辞めることは昨日で決まっていたのかもしれません。ですが、そんな人間がまた会えるよね?なんていいますか?
県外からきたアイドル好きの男に辞めることを隠していつまでいるの?もう会えないかな?なんていいますか?
あの時少しでも引き留めて悲しい表情を追及していればこんな別れ方しなくて済んだかもしれません。
好きとかじゃないんです。フッと思った抜きモードで偶然見つけたお店で偶然空いていた人気嬢がやってきたら偶然同じアイドルが好きだった。こんな偶然あまりないと思うんです。
もう一度会って話がしたいんです。卒業してしまった推しの子の話や悲しい表情の真相。あの子が戻ってきていないか、今日もあのデリヘルサイトを見ては思い出してしまいます。

本当あったちょっとエッチな実話

神に選ばれし美少女動画について

*****リンクフリーです!!*****

ご連絡をして頂くか一定のアクセスを頂ければ即相互リンク&RSS登録させて頂きます!

広告依頼も大歓迎です♪ジャンル等は特に問いませんのでお気軽にお問合せ下さい!

メール画像

当サイトはアダルト情報を多く含んでおりますので18歳未満の方は閲覧できません。こちらから退出して下さい。